大きな分岐点となる大手と個人の不動産業者選び

  • 不動産査定の比較というものは、とにかく悩むことが多い作業になります。
  • 何度も言ってしまいますが、とにかく大きな額が動く取引になるため、悩みが多くなって当然のことというわけですね。
  •  
  • 中でも特に悩むのが、業者の規模に関して。 もちろん、売却実績が豊富な大手業者に依頼すると大きな安心感を得られることができますが、正直なところ、不動産の売却とは、これだけで決めることはできません。
  • つまり、大手のような実績がなくとも、非常に素晴らしい仕事をしてくれる「個人業者」も存在するのです。
  •  
  • ということで、今回は、この個人業者と大手業者の違いについて触れていきたいと思います。
  •  
  • ■個人業者は地域密着型で強さを見せる

  • 個人不動産業者というのは、やはりその地域に住んでいる方が経営している場合が多いです。
  • したがって、地元に多くのツテをもっているため、自然と地域密着型のサービスを提供することが基本になってきます。
  •  
  • となれば、不動産を所有している地域で活躍している不動産業者に依頼をすれば、その地域での力強さを発揮してくれる可能性があるわけですね。
  •  
  • ■大手業者は広い目で多角的な戦略が立てられる

  • 対して、大手不動産業者に関しては、地域密着型のような査定、売却はできないものの、多角的に攻めることができるという強みを持っています。 また、大手ならではの「実績」という大きな武器があるため、魅力的に映るのです。